自転車は完全な形で出荷されて来るわけではありません

 工場から出荷される時は通常七分組と言って、70%の完成でお店に送られてきます。
あとの30%は自転車組立整備士により組み立てられ整備して完成車としてお店に並びます。
 この30%の組立、整備が自転車の安全と耐久性に大きく係わってきます。
自転車店では自転車組立整備士が一台一台丁寧に組立整備を行っております。
安心してお乗て頂けるように努力しております。

1.箱入りで届きます
自転車がお店に来る時はダンボール箱に入れられ運送屋さんが届けてくれます。
2.梱包
梱包材でガンジガラメにされてます。
3.梱包を解きます
梱包を解くとバラバラとパーツやネジ類が何点もあります。
4.スタンド取り付け
スタンド取り付け時に変速用の金具ベルクランクを取り付けます。
5.フロントブレーキ、泥よけ取り付け
仮止めでブレーキ、泥除けをとりつけます。
6.前輪、バスケットステー取り付け
前輪取り付けはフロントフォークのセンターにくるようにします。
7.ブレーキシュー調整
リムに当たる角度に注意しながら調整します。
8.ライト取り付け
タイヤへの当たりの位置、角度に注意します。
9.バスケット取り付け
取り付けブラケットを真っ直ぐに直してからセンターにくるようにします。
10.ハンドル取り付け
車体に対して垂直になるように取り付けます。
11.ブレーキレバー取り付け
握り角度に注意し緩みやすいのでしっかり止めます。
12.ベル取り付け
ハンドルを握ったとき手に当たらない位置に取り付けます。
13.変速レバー取り付け
レバー操作がしやすい角度で取り付けます。
14.ブレーキワイヤー取り付け
ワイヤーが圧迫されないように取り付けます。
15.フロントブレーキ調整
握りの遊びをとりながらワイヤーを取り付けます。
16.リアブレーキ調整
ワイヤーの伸び分が多いので注意して調整します。
17.サドル取り付け
サドルの取り付け角度に注意します。
18.タイヤ空気圧調整
空気圧は3.0気圧に調整します。
19.完成
ペダルはお客様にお渡しする時に最終点検し、取り付けます。

ナショナル自転車工業販売店組み立てマニアル参考

トップページにもどる