自転車に乗る前に必ず自分でチェックしよう
ふだん自転車に乗る前にも、必ず安全の確認をしましょう。
不具合を発見したら、すぐに修理や調整をすることが大切です。
最低でも、次のポイントはチェックするようにしてください。
チェックシート

POINT-1 信頼できるお店で相談しよう
自転車のプロである「自転車組立整備士」や「自転車安全整備士」のいるお店が目安です。
 自転車の整備や組立に公的資格があるのをご存じですか?
(財)日本車両検査協会が認定する「自転車組立整備士」と、
(財)日本交通管理技術協会が認定する「自転車安全整備士」です。
こうした資格をもったプロがいるお店なら、安全な自転車を購入するための相談にも
乗ってくれるはず。
信頼できるお店を見つけておけば、購入後の整備や修理のときも安心です。
 
POINT-2   品質をきちんと確かめよう
「品質保証書」や「取扱説明書」が付いていることを確かめて購入しましょう。
 自転車を購入するときは、品質保証書や取扱説明書の付いた製品を
選ぶようにしましょう。
 また、JISマークやSGマークなど、安全基準に適合した自転車であることを示すマーク
付いているのを確認することも大切です。


(財)自転車産業振興協会 (社)自転車協会
参考に掲載しました.

品質不良が原因の事故が増えています

自転車の安全マーク