ひらた自転車店 > すべて表示 > ヘッドライン >
■ ひらた自転車店からお知らせ

グループ:
ワード検索:
11 - 15 ( 43 件中 ) / グループ:すべてのグループ

イタズラの種類と対策 注:これを見て悪用禁します。
No.38 / Group:その他
Date: 2015/02/05(Thu) 13:34 [修正]
・最近はホントに多数のイタズラがあり あきれてしまいます。

 みなさん十分気をつけてください。

乗る前に必ず点検をしてください。

・バルブの抜き去り
乗ろうとしたらタイヤがペチャンコ。口金とバルブが盗まれている。
駅前駐輪場の駐輪場で多発。
単なるイタズラと、嫌がらせ、それから悪気はないのだがバルブを抜かれて帰れなくなった人が
しょうがないから隣の自転車からしっけいして自分を助けることもあります。これは連鎖反応します。
→対策:工具がないと取ることのできないイタズラ防止バルブをつける。
チューブを使い捨てにするつもりでバルブと口金を瞬間接着剤で本体のくびにくっつけてしまう。
(パンク修理ができなくなりますので、パンクしたらチューブ交換を覚悟してください。)

・イタズラパンク
置いておいただけでタイヤがペチャンコ。これも駅前の駐輪場で多発。イタズラと嫌がらせ。
目をつけられると連続でやられる。画鋲・千枚とうし・カッターでタイヤの横腹を刺す。
横腹の方が目立たず瞬間に確実に刺すことができる。
→対策:決め手はなし。置く場所をコマめに変えるしかない。
やられたらおまわりさんに被害届を面倒でも出す。
多発していれば2〜3日はパトロールしてくれる。

・サドルの盗難
自分で上げ下げのできるノブがついているタイプは手で緩めれば簡単にサドルを盗まれてしまう。
これも駅前・マンションの駐輪場で多発。イタズラと嫌がらせ。
目をつけられると連続でやられる。
→対策:当店でナットに換えてしまう。
乗らないときは自分でサドルを抜いて家なり職場に持っていってしまう。
(サドルの上げ下げは不便ですが。)

・サドルのカッター切り
サドルをカッターで切って行く。
これも駅前・マンションの駐輪場で多発。→
対策:乗るときはサドルカバーをつけて乗る。
降りるときそのサドルカバーを外して自分で持ち歩き、地肌を見せておく。

・前輪後輪のハブナット(車輪軸のナット)を緩める。
外してなくなっていることも。
人どうりが少ないところで時々起きている。
→対策:乗る前に必ず付いているか、手で回らないか確認する。
たとえ緩んでいても手で回らない程度なら走っていれば片側のナットは
締まる方向にしか動かないので、そんなに心配しなくても大丈夫。

・後輪ブレーキ(バンドブレーキ)の調整ネジ外し
後輪ブレーキの調整ネジを外す。こぐと重くなったり、自転車を手で押して歩くと変な音がする。
最近少しづつ増えてきている。
→対策:乗る前にネジが付いているか確認する。


自転車は完全な形で出荷されて来るわけではありません。
No.37 / Group:ひらた自転車店からのお知らせ
Date: 2015/02/05(Thu) 13:14 [修正]
自転車は完全な形で出荷されて来るわけではありません。

 工場から出荷される時は通常七分組と言って、70%の完成でお店に送られてきます。

あとの30%は自転車技士により組み立てられ整備して完成車としてお店に並びます。
 この30%の組立、整備が自転車の安全と耐久性に大きく係わってきます。

自転車店では自転車技士が一台一台丁寧に組立整備を行っております。

安心してお乗て頂けるように努力しております。

1.箱入りで届きます
自転車がお店に来る時はダンボール箱に入れられ運送屋さんが届きます。

2.梱包
梱包材でガンジガラメにされてます。

3.梱包を解きます
梱包を解くとバラバラとパーツやネジ類が何点もあります。

4.スタンド取り付け
スタンド取り付け時に変速用の金具ベルクランクを取り付けます。

5.フロントブレーキ、泥よけ取り付け
仮止めでブレーキ、泥除けをとりつけます。

6.前輪、バスケットステー取り付け
前輪取り付けはフロントフォークのセンターにくるようにします。

7.ブレーキシュー調整
リムに当たる角度に注意しながら調整します。

8.ライト取り付け
タイヤへの当たりの位置、角度に注意します。

9.バスケット取り付け
取り付けブラケットを真っ直ぐに直してからセンターにくるようにします。

10.ハンドル取り付け
車体に対して垂直になるように取り付けます。

11.ブレーキレバー取り付け
握り角度に注意し緩みやすいのでしっかり止めます。

12.ベル取り付け
ハンドルを握ったとき手に当たらない位置に取り付けます。

13.変速レバー取り付け
レバー操作がしやすい角度で取り付けます。

14.ブレーキワイヤー取り付け
ワイヤーが圧迫されないように取り付けます。

15.フロントブレーキ調整
握りの遊びをとりながらワイヤーを取り付けます。

16.リアブレーキ調整
ワイヤーの伸び分が多いので注意して調整します。

17.サドル取り付け
サドルの取り付け角度に注意します。

18.タイヤ空気圧調整
空気圧は3.0気圧に調整します。

19.完成
ペダルはお客様にお渡しする時に最終点検し、取り付けます。


TSマークは、Traffic Safety(交通安全)の頭文字をデザイン
No.36 / Group:ひらた自転車店からのお知らせ
Date: 2015/02/05(Thu) 13:11 [修正]
 点検整備済みTSマーク

Q:どのようなものにはるのですか?

A:自転車安全整備店の自転車安全整備士が、自転車の点検整備を行った場合に、
その自転車が道路交通法令などに定める、安全な普通自転車であることを確認した
ときに、その目印としてはるものです。

Q:誰がはるのですか?

A:「自転車安全整備店」として登録した店の「自転車安全整備士」が、はることが できます。

Q:「自転車安全整備店」とは、どんな店ですか?

A:自転車安全整備店とは、点検整備済TSマークを取り扱うことができる自転車店で、 (財)日本交通管理技術協会(以下「管技協」といいます。)に申請して、登録を受けた自転車店です。

Q:「自転車安全整備士」とは、どんな資格ですか?

A:自転車安全整備士は、管技協が実施する警察庁認定の「自転車安全整備 技能検定」に合格した者で、自転車の点検、整備と安全利用の指導について専門的な知識と技能を持っており自転車安全整備制度 (TSマーク制度)推進の中心的な役割を果たす人です。

Q:保険の内容を教えてください。

A:このTSマークには、傷害保険(入院15日以上の怪我、死亡・重度障害)及び賠償責任保険(青・赤マークの限度額)がついています。




よく話を聞くと「自転車立ち漕ぎ」運転
No.35 / Group:ひらた自転車店からのお知らせ
Date: 2014/01/18(Sat) 13:35 [修正]
最近 自転車の自損事故が持ち込まれます。よく話を聞くと「自転車立ち漕ぎ」運転をしているとのことでした。姿勢を立てて乗るバランスを崩して危険ですと話をしたのですが聞き入れてもらえません。サドルは低位置に取り付けていてサドルを高くして乗って言うと格好が悪いとのことだから事故が増えます。私には理解不能です。ひとりごとです。

路側帯を走る自転車
No.34 / Group:ひらた自転車店からのお知らせ
Date: 2013/11/28(Thu) 16:31 [修正]
路側帯を走る自転車に、車と同じ左側通行を義務付ける改正道交法が12月1日、施行される。違反者は懲役3カ月以下または5万円以下の罰金が科せられる。広島県警察より

Page:[ ←前 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 / 次→ ]

- WL-News Ver1.02 -